2012年2月27日月曜日

第四話 城山センターでお昼ご飯



次の目的地は枕崎市を南北に流れる「花渡川(けどがわ)」を渡った桜山地区にあります。その昔、桜山で咲いた桜の花びらがひらひらと川を渡ったさまから花渡川と呼ばれるようになったといいます。

坂道をのぼって辿り着いたところは「城山センター」。隣を小学校と中学校に囲まれた、公民館に近いような雰囲気の施設です。畳敷きの広間は「彼女」が成人式の二次会で同級生と集ったオモイデの場所です。ここに長机を並べて、昼食の準備をしているとき、誰かが「法事みたい」とつぶやきました。そう、まるで親戚一同が田舎に集まって机を囲んでいるような不思議な感じがしてくるのです。そこへ「彼女」の友だちも駆けつけてくれました。





お楽しみのお昼ご飯は、「魚処 まんぼう」のかつお丼と鹿籠豚(かごぶた)丼の二種類。お茶で乾杯して箸を伸ばします。かつお丼には鰹のたたきや刺身など数種類の具が、鹿籠豚丼には旨みの染み込んだくせのないお肉がボリュームたっぷりにのっています。お漬物に厚めの鰹節がかかっているのも枕崎ならではという感じがします。さらには、こっそりとオモイデトラベルを見に来てくださった「彼女」のご家族から「かつおもなか」の差し入れをいただきました。中にあんこと求肥の入ったおいしい最中でした。






無心に食べたあとは少しの休憩。午前中の興奮もあってか、まどろむような時間が過ぎます。隣の小学校からはバザーの賑わう声とブラスバンドの音色。広間から足を伸ばせば娯楽室や台所があり、壁一面に張られた小学生の標語や日焼けした図書の本、囲碁盤やマッサージチェアなどが。地域の暮らしに寄り添うように時を刻んできた気配がそこにはありました。







最後に、彼女と同級生の友だち二人で城山センターの前で記念撮影。同じ土地に生まれ一緒に育ったというそれだけのことが、こんなにも温かいということを教えてくれるような一コマでした。






次回「あなたのオモイデ、わたしのオモイデ。~南方神社と招魂塚幼稚園~」へつづく




オモイデトラベル 〜枕崎 行き〜
プロローグ
第一話 BON DX Live ~BONさんの大きな笑顔~
第二話 枕崎の空 ~枕崎空港へ~
第三話 中原公園 ~鳥の目線になれるところ~
第四話 城山センターでお昼ご飯

1 件のコメント: